初めてペット葬儀を利用する人でも大丈夫!業者の選び方などを詳しく紹介します!

可愛いペットがなくなってしまうと、とても悲しいものです。
しかし少しでも元気にあの世に送ってあげられるように、飼い主として最大限のことをしてあげなくてはなりません。
そこでペット葬儀を検討されている方で、初めて利用するからどういった点を気を付けて選んだら良いか分からない人もいるのではないでしょうか。
この記事では信頼できる業者の選び方を説明していきます。
是非参考にして、最愛のペットの最後を見送ってあげてください。

初めてペット葬儀を利用する人でも大丈夫!業者の選び方などを詳しく紹介します!

ペット葬儀を初めてする場合、特に気にしているのは安くて手厚いサポートをしてくれる業者を探すことです。
しかし明らかに安すぎる業者は注意しておいた方が良いでしょう。
そういった場合は、基本価格を安くしているだけで、オプションを沢山つけないといけないことが多々あります。
ペット葬儀のホームページを確認し、サービスを見比べたうえでの値段の違いを考えておいた方が良いです。
口コミを利用して評判が良いところを利用すると良いと考えられます。

ペット葬儀の一連の流れで把握しておくべきポイント

"

ペット葬儀の一連の流れを事前に把握していると、当日のスケジュールが円滑に進みます。
犬や猫などのペットを人間と同様に見送りたい場合は、火葬場を探す必要があります。
日本では様々なタイプのペット葬儀サービスがあるので、希望に合うサービスを選択します。
最近は自宅まで迎えに来てくれるサービスもあり、人気を集めています。
火葬を行った後に遺骨を自宅に持ち帰って供養を行う人もいますが、他の選択肢もあります。
ペット葬儀の流れはシンプルで、看取った後は動物に対応している火葬場や葬儀社に連絡します。
葬儀を行った後に骨を骨壺に入れ、自宅で供養する場合は持ち帰ります。
骨壺を自宅に持ち帰った場合は、リビングに骨壺と遺影を飾り供養します。
持ち家の場合は、庭にペットの遺骨を埋葬するケースもあります。
男女を問わず、ペット用の仏壇を購入して利用する人も増えています。
火葬場の納骨堂や合祀墓で供養する方法もあり、1日で臨終から埋葬までのスケジュールを実行できます。

"

ペット葬儀で気をつけるマナーについて解説

ペット葬儀に参列する予定のある人が、気をつける必要があるのはマナーです。
ペット葬儀であっても、人間のお葬式と同じように、しっかりとした決まりがあります。
ペット葬儀に関する決まりの中でも特に気をつけた方が良いのは、葬儀に着ていく服装に関するマナーです。
人間のお葬式ならば、黒い喪服を着ていく必要がありますが、ペットの場合には若干違いがあります。
どのような服装で参列した方が良いかは、おこなわれる葬儀の種類によっても異なっています。
僧侶などを呼んで読経をしてもらう本格的なお葬式に参列する場合には、人間の時と同じように黒い喪服を着た方が最適です。
僧侶を呼ばない場合でも、亡くなったペットをしっかりと弔いたい場合には、喪服を着て式をおこなった方が良いでしょう。
ペットの霊園などで他の人と一緒に参列する場合には、喪服を着ていく必要はないものの、できるだけ地味な色の服を選んで着ていく必要があります。
飼い主の自宅でお葬式がおこなわれる場合には、普段着で参列することもできます。

ペット葬儀での服装について!派手なものはダメ

ペット葬儀には、どのような服装で行けばいいのか迷う方も多いのではないでしょうか。
ペット葬儀に参列する際は、人間の葬儀のように喪服を着る必要はなく、普段着でぜんぜん問題はありません。
実際にほとんどの人が普段着で訪れると言われています。
しかし、あまり派手すぎたり露出が多すぎたりする服装は、まわりの人から浮いてしまうこともあるため避けるほうが望ましいです。
また、コートやジャケットなど革製品を使ったものは動物の死を思い出させるため、ペットの葬儀にはあまりふさわしくありません。
他の参列者から見て、不快に感じるようなものは避けましょう。
迷った場合は、黒を基調をした普段着を着るのがおすすめです。
シンプルな黒の普段着なら落ち着いた印象を与え、葬儀場の雰囲気にも良く合うでしょう。
ただし、寺院やセレモニーホールなどを貸し切って大規模にペット葬儀が行われる場合は、喪服を着たほうが無難です。
葬儀の規模や雰囲気に合わせて、替えるようにしましょう。

ペット葬儀の業者は口コミも参考にして決めよう!

大切なペットを亡くしてしまった時は、多くの方がペットの火葬やお葬式を検討するでしょう。
人間の葬式業者は比較的数も種類も多く見つけやすいですが、ペット葬儀となるとなかなか探すのに苦労するのが現状です。
そんな中で、様々な葬儀業者を検索出来る最適な方法といえば、インターネットが挙げられます。
インターネットからであれば葬儀にかかる費用やサービス内容など、様々な情報を簡単に得ることが出来る上、複数の業者比較して検討することも出来ます。
特にペット葬儀に関する専門サイトや口コミサイトなどでは、実際に依頼した方からの貴重な生の声を知ることが出来るため、後悔しない業者選びを進める上では是非チェックしておきたいです。
ただし、良いとする基準や価値観は人それぞれ異なるので口コミを完全に信用するのではなく、あくまで参考にする程度にとどめておくことも大切です。
その上で愛するペットや自分たちにとって最適な葬儀社を選択するようにしましょう。

ペット葬儀を、第三者に行ってもらうサービス

別途葬儀を、行いたくても行えない事情があります。例えば、飼い主が高齢化しており自分自身が動けない場合や、都会に住んでおり周辺に墓地等が見当たらない場合があるのです。
それでもベッドを、納骨して最後まで見届けたいニーズがある場合は第三者に委託することができるんです。
オンラインや映像を通じて送料提供してもらいながら、ベッドを創業まるで陰核実現することができます。
納骨も、お墓を持たなくても浴槽や散骨なと思って最後まで供養することができます。
第三者のサービスはいろいろなものがあるため、ニーズに応じて選ぶことが重要となるのです。
例えば納骨だけや仮装だけなどいろいろなパタンがあるのです。ペット葬儀では、納骨を自宅や自分の手元に保管することも可能となります。
費用や自分自身映像自由に選択することもできるはずがあり、相談することがポイントとなります。
無料相談サイトや、一括見積もりサイトを利用するとペット葬儀を簡単に検討することができます。

ペット葬儀に送る弔電にはどのようなものがあるのか

近年ペットブームを受け様々な動物を飼う家庭が増えてきました。ペットを通じて友達ができることも多く、ペットはすでに家族の一員となりつつあります。
そのためペットが亡くなった場合、人間と同じようにしっかりと送りだしたいと考え、ペット葬儀を執り行うことが増えてきました。通常の葬儀のように行われるので最期の時をゆっくりと過ごすことができます。
ペット葬儀は基本的に家族のみで行われることが多いです。ですが生前仲良くしてもらったなどの場合、ペット葬儀に参列したいと考えますが、なかなかできない場合もあります。
そのような時利用すると良いのが弔電です。ペットとその家族への弔電は動物の絵柄が書かれたものや花がたくさん描かれたものなどたくさんの種類があり、明るい雰囲気のものが多いです。
お線香と一緒に送れるタイプもあるので、一緒に送っても良いでしょう。文面は人と同じように記すようにし、葬儀当日までには届くように手配を行います。

ペット葬儀の火葬は民間だけでなく自治体でも行える

ペットが亡くなると火葬もしくは土葬を執り行います。近年はペットは家族の一員として認識されており、人間と同じように葬儀だけでなく、その後の供養までしっかりと行われるようになりました。これに伴いペット葬儀専門の業者も多数存在しています。
ペット葬儀は専門業者のみ行えるように感じますが、自治体においても火葬を行うことができます。
各自治体によって多少の差はありますが、共通しているのはクリーンセンターなどに連絡をすると、有料でひきとってもらえることです。
民間の葬儀会社に比べると大変安価なのですが、その分物とし手扱われるため一般廃棄物として扱われてしまうこともあり、個別にお骨を取り出すことはできません。
また基本的に平日日中のみの受付であり、深夜や休日は対応できないことがあります。
できるだけ費用を抑えたい、ペットの遺骨の返却を望まない人に向いている方法であり、供養を行いたい場合は民間の専門業者に依頼をすると良いでしょう。

ペット葬儀をするときはペットのサイズを伝えておこう

ペットが亡くなった場合は、その埋葬についても考えておく必要があります。今の時代は、自宅の土地にさえ、そのまま埋葬することは難しくなっています。
そんな背景もあり、以前では珍しいといわれていたペット葬儀やペット火葬もかなり一般的となっています。
ペット葬儀の費用がどれぐらいになるのかも気になるところですが、これは業者ごとに違いもありますので、公式サイトなどで確認しておくと良いでしょう。
それから、どのペットでも同じ費用というわけではありません。例えば犬も猫より小さい超小型犬から、かなり大型の犬種もいます。
大型犬の場合はより火葬にも時間がかかり費用も高くなりがちです。逆に小鳥のような小さなペットは合同火葬にすることで費用を抑えることもできます。
ペット葬儀社に電話をするときは、ペットがどのぐらいのサイズであるのかもきちんと伝えておくことが大切です。
遺骨を残すか、残さないかでも葬儀の方法は変わってきますので、希望はしっかりと伝えておきましょう。

ペット葬儀で海洋散骨を依頼する方法を知る

最近では、ペット葬儀やペット火葬は珍しくありませんが遺骨をどのように供養するかで悩んでいる飼い主さんも少なくありません。手元で供養することもできますし、庭に埋葬するなど様々な方法があります。
海洋散骨で遺骨を海に還すことを考えている人もいるのではないでしょうか。ペット葬儀社では対応しているところとそうでないところがありますので、まずは確認をしておきましょう。
合同火葬では遺骨は残せなくなりますので、個別火葬を選ぶことも大事です。 人間の場合とは違い、ペットの場合は海に散骨する場合も特別な許可は必要ありません。遺骨をそのまま撒いてしまうと、自然に還るまで時間がかかります。
特に大型犬の場合は人骨を間違われる可能性もありますので、パウダー状にしておきましょう。マナーを持って行えば飼い主が散骨をしても特に問題はありません。
業者に依頼する場合は、船をチャーターしてもらうことができます。少し費用はかかりますが、オプションで食事やセレモニーなども行えます。
費用を抑えたい場合は、遺骨を郵送して業者に海洋散骨を依頼することもできます。

ペット葬儀に関する情報サイト
ペット葬儀のポイント

可愛いペットがなくなってしまうと、とても悲しいものです。しかし少しでも元気にあの世に送ってあげられるように、飼い主として最大限のことをしてあげなくてはなりません。そこでペット葬儀を検討されている方で、初めて利用するからどういった点を気を付けて選んだら良いか分からない人もいるのではないでしょうか。この記事では信頼できる業者の選び方を説明していきます。是非参考にして、最愛のペットの最後を見送ってあげてください。

Search